人気の北欧&フロアソファーの通販
人気の北欧&フロアソファーの通販 > ソファの選び方 > 一人暮らしに向いているソファーを選ぶポイント


一人暮らしに向いているソファーを選ぶポイント

ソファーにはさまざまな大きさ、材質、形のものが存在しています。同じような大きさのものでも素材や形状によって値段もピンからキリまであり、選ぶ場合はある程度のポイントを押さえておく必要があります。

 

 

1.部屋の間取りと他の家具とのバランスを考える

一人暮らしの場合は部屋の間取りがそれほど広くないこともあります。ベッドが別にある場合は大きいソファーでは部屋を圧迫してしまう可能性がありますので、1人掛けや2人掛けのものを選ぶと良いでしょう。ベッドがない場合はベッドにできるものも選ぶのも方法の1つです。1つの家具で2つの機能を持たせることによって、狭い空間を有効活用することができるのです。
 

2.値段と素材で選ぶ

それほど予算がない場合は値段から選ぶのも良いでしょう。ただし安いものの中には耐久性が低いものもありますので、長い間使うのであれば丈夫なものを選んだほうが良いです。材質にはファブリック、本革、合成皮革があります。
 

2-1.ファブリック

ファブリックとは綿やポリエステルなどの素材でできているものです。カラーバリエーションが豊富で部屋のインテリアと合わせやすい反面、耐久性は低く、汚れにも弱いという特徴があります。加工が簡単なため、値段も比較的安くなっています。中にはカバーを変えることができるものもあり、気分に合わせて色を変えることができるものもあります。
 

2-2.本革

本革は丈夫で肌触りが良いのですが、値段が高くなってしまうことがあります。革にも種類があり、産地によっては値段が大きく違うこともあります。汚れを放置すると傷みやすいので、こまめな手入れが必要です。
 

2-3.合成皮革

合成皮革は本革と比較すると安価です。それは「皮革」と言われていますが、その材質はポリウレタンや塩化ビニールなどの工業品のためです。傷がつきやすいのでペットを飼う場合は注意が必要です。
 

3.横になれるソファのポイント

ソファーで横になることを想定している場合は2人掛け以上の大きさを選ぶと良いでしょう。1人掛けでは横になることは困難ですし、1.5人でも寝心地はよくありません。長い間横になる場合はクッション素材にも注目しておきましょう。柔らかいと座り心地が良いと感じますが、長時間の使用の場合はある程度の硬さがあったほうが身体への負担が小さいからです。手すりがある場合は高さも注意しましょう。首を乗せるときに高すぎると寝違えてしまうためです。
 

4.引っ越しするときのことを考えて選ぶ

一人暮らしでソファーを選ぶ注意点ですが、引っ越しをすることを考えておく必要もあります。大きすぎるソファーでは次の家に持ち込むことができないこともありますので、組み立てることができるものも検討しておくと良いでしょう。
 
学生や一時期用に一人暮らしする人の中には家具を使い捨てする方も多くいます。長期で使う予定ばない場合は処分のしやすい格安のソファーなどの家具を選ぶ方がいいですね。
 

5.まとめ

学生や就職で一人暮らしをする方は予算もすくないことを考えると安くて丈夫なソファーがいいですね。高級なものよりもカジュアルでお手入れがしやすい素材のソファーが扱いやすくておすすめです。