人気の北欧&フロアソファーの通販
人気の北欧&フロアソファーの通販 > ソファの選び方 > 後悔しない高級ソファーの選び方


後悔しない高級ソファーの選び方

インテリアの中でも個性を演出し、部屋の雰囲気を決めるといっても過言ではないものはソファーです。高級ソファーと言われるものの中には、数十万円から数百万円までのものがあります。素材は、レザーのものから高級木材を枠組みに使うなど様々です。しかし、高級なもので作られていても全てのものが座り心地がよいとは限りません。

 
凝ったデザインなど個性がありすぎると、長く使う間にデザインに飽きてしまったり、装飾品が壊れて修理が必要になった時に部品が手に入りにくい、部品がない、などの可能性もあります。高級ソファーを買う時は、家での主な過ごし方に合ったデザインを選ぶようにします。

 

1.ソファでの過ごし方をイメージする

横になることが多い、家族の団欒に使いたい、読書やテレビ観賞を主にしたいなど、過ごし方をイメージすることが大切です。横になることが多い場合は、奥行きの深いもの、読書などが主な場合は、足のせ台のあるもの、など用途によって選ぶソファーの形が異なってきます。
 

2.部屋のサイズとソファーの背もたれ

また、部屋のサイズを確認しておくことも必要です。部屋のサイズをはかってから、どのくらいの大きさのソファーを置くのか決めておきます。もたれかかる背面の高さは、テレビ観賞をする時に大きく影響します。背面が低いと顔が上に向いて首が疲れてしまいます。逆に背面が高いと疲れが軽減されます。しかし、背面が高い場合は部屋の印象に圧迫感を与えてしまう可能性があるので、色やデザインで圧迫感を与えないように工夫する必要があります。
 

3.ソファーの座り心地は固さで決まる

素材は、固めのものを選ぶと長時間座っていても疲れにくく、腰が痛くなりにくいです。固い素材のものは体重が分散されるからです。逆にやわらかい素材のものはからだが沈み込んで気持ちいいですが、長時間座ることには適していません。しかしイメージだけでは実際に座った時の感触はわからないので、実際に現物に座って確かめることが大切です。

 
通販で購入の場合は座り心地を確かめることができないので、ソファー購入の口コミなどを参考にしたり、使われているクッション材を確認することが重要です。
 

4.ソファーの外観と内部構造

またソファーは長く使うことが多いので、継ぎ目がしっかりしている必要があります。継ぎ目がしっかりしていなければ、長い間座る間にほころぶ可能性があります。ソファーの外観だけでなく内部構造も重要です。体重を支える衝撃吸収剤はどのようなものを使用しているのか、素材は上質なものであるのかを確認しておきます。内部の構造がしっかりしていなければ、長持ちさせることができません。また、せっかくの高級ソファーを買っても部屋のインテリアに合っていなければ台無しです。部屋のインテリアの方向性とマッチしたデザインのものを選ぶようにします。
 

5.まとめ

高級ソファーは作りがしっかりしたものや良い素材を使ったものが多いですが、本革などはお手入れも大切です。総革張りの豪華なソファーや布地でも厳選した素材を使ったファブリックソファーなど高級感とドンとかまえた風貌、存在感はさすがと思わせるものがります。
 
またデザイン性に優れたおしゃれな高級ソファーもおすすめです。高価なソファー後悔しないようによく検討して購入しましょう。